ジスロマックとクラビット!どちらもクラミジアに効く薬

ジスロマックとクラビット!どちらもクラミジアに効く薬

ジスロマックによるクラミジア治療

ジスロマックとは、細菌感染症に効果的な治療薬です。
マクロライド系の抗生物質で、細菌のたんぱく質の合成を防いでくれる効能があります。
内科、耳鼻科、歯科など様々な診療科で処方されており、幅広く使われています。
小児のマイコプラズマ肺炎でも処方されており、服用回数が少なくて済むので、薬嫌いが多い幼児などには服用させやすくなっています。
しかし、苦みが比較的強いですので、飲ませ方などに注意が必要です。
グレープフルーツなどかんきつ類のジュースなどは避けて服用させましょう。
比較的副作用も少ないとされており、妊婦や乳幼児などへの処方も可能です。
有効成分はアジスロマイシン水和物で、クラミジア感染症などに効果的です。
日本での性感染症の中で一番多いとされている性感染症です。
特に若い世代で多く、思春期を過ぎたころから急激に増えるとされています。
通常セックスだけでなく、オーラルセックスでも感染します。
性器×性器、咽頭×性器 咽頭×咽頭と感染します。
咽頭にも感染することから、風俗などの口だけのサービスでも感染してしまいます。
そこで登場するのがジスロマックです。
特徴的なのは、一回服用しただけで効果が1週間持続する事です。
風俗などに行く前に服用して予防することで、感染するのを防げるという事です。
クラミジアの感染力は強く感染者と二回性行為をすれば感染すると言われています。
コンドームだけでは予防しきれないので、不徳多数の方と性行為をしてる人と性行為する場合は予防が必要となってきます。
ジスロマックにはアジーというジェネリック医薬品がありますので、安価に購入したい方はこのアジーを購入するとよいでしょう。

同じ抗生物質で、クラビットと呼ばれる抗生物質があります。
効能は同じく感染症などに使用されており、キノロン系の合成抗菌剤になります。
同じくクラミジアの治療に使用されており、こちらも多く使用されています。
クラビットなども病院などで処方してもらうのが一番なのですが、性感染症などは感染しても病院へ行きづらいという方が多いです。
感染を広める原因が自分にあることを忘れず必ず治療しましょう。
性感染症は放置していると、HIVなどに感染する確率が高くなる場合もあります。
治療も難しくなってしまいますので、早めに治療しましょう。
病院へ行きたくない人は、治療薬をインターネットなどで、海外から個人輸入することも可能ですので、早めの対処をお勧めします。
薬を服用する場合は必ず、服用方法を守って飲みましょう。