定期的な検査が必要

クラミジア感染により起こること

性感染症には淋病や梅毒、などがありますが、中でも感染率が高く、感染者数も非常に多いのがクラミジアとなっています。1回の性的な行為によって感染してしまう確率は50%を超え、国内には100万人以上の患者がいると言われています。感染者の粘膜や膣の分泌液あるいは精液に直接触れることで感染を起こします。膣や陰茎以外にも感染し、咽頭に感染してしまう事もあります。また何らかの事で目に入ってしまうと強い痛みを伴う症状を引き起こすことがあります。

女性が感染した場合

もともと原因となっている菌のトラコマティスは目の病気で有名な細菌でしたが水がきれいになったことで眼科領域からはなくなり、性器やノドに細菌が住み着くようになりました。女性は膣に感染し、おりものが普段よりも増えたり、出血が起こってしまったり、性行為時の痛みを感じる事があります。

こういった事は生理前の体調の変化やホルモンが乱れている時などに起こる症状と同様なため、自覚症状をして捉えることが難しく感染に対して無自覚になってしまっていることが多く、女性の感染者の80%は無自覚になってしまっており、感染を拡大させる事にも繋がります。

男性が感染した場合

一方の男性は尿道に細菌が住み着いてしまい、尿道に痒みや痛みあるいは違和感を感じてしまったり、排尿時に膿が尿と一緒に排泄されることもあります。男性の場合は無自覚になってしまうのは50から60%と大体、感染者の半数の方が無自覚になってしまっています。

ジスロマックでしっかりと対処

原因となっている細菌を殺菌する効果がある薬がジスロマックという薬になります。マクロライド系に分類される抗生物質であり、主成分であるアジスロマイシンが水に溶けにくい性質となっているために体内に長く留まることができるのが特徴となります。1回1錠の服用で効果が1週間も持続するので飲み忘れなどを防ぐことができます。また1回の服用で治癒する確率は90%を超え、高い効果を発揮してくれます。

クラミジアの感染を拡げてしまわないように薬による治療や、性行為に至る前にきちんと準備を行ってからするようにしてください。

ジスロマック・ジェネリック
ジスロマック・ジェネリック