抗生物質とは?

抗生物質とは?

ジスロマックも抗生物質です

風邪をひいたり感染症になってしまったりした時に抗生物質を処方されますが、抗生物質について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?実は風邪自体はウィルス性であり、細菌に有効的な抗生物質はウィルスには効果的ではないのです。抗生物質を飲めば大丈夫という安心感はありますがその働きや効果などご説明いたします。

青かびからペニシリンが見つけられたのは有名な話ですがこれが抗生物質の始まりとなります。細菌の感染症に有効的ですが、病気の元となる病原菌を殺菌したり菌が増えるのを抑えたりする働きがあります。クラミジアの症状に有効的な抗生物質としてジスロマックが知られています。細菌が増えるのに必要なたんぱく質を阻害する働きを持っており、細菌自体に働くのではなく細菌を増殖させないようにしてくれます。細菌が増えることができなければそのまま死滅していくだけなので体への負担も少なくて済むのです。

細菌に効果的

細菌に効果的

感染症には細菌によるものとウィルスによるものがあります。抗生物質は細菌に対して開発されており効果的ですので、構造が全く違うウィルス性の感染症には効果がありません。しかしインフルエンザや風邪などのウィルス性でも抗生物質が処方されることがあります。これはウィルスに感染したことで起こる合併症の治療や予防の為に処方されます。気管支炎や肺炎などにかからないためにインフルエンザでも風邪でも抗生物質が処方されるのです。

耐性菌に注意

抗生物質を適正な期間、適正な成分量で使用することで細菌に対して有効的となります。しかしその期間や成分量を誤ってしまうと細菌がぎりぎりなところで死滅せず耐性というものを得てしまうのです。症状がよくなったから、もう大丈夫だろうと途中で抗生物質飲むのを辞めてしまい、決められた成分量摂取しないでいると耐性菌ができてしまい、抗生物質が効果的でなくなってしまう可能性があります。細菌を逆に強くさせてしまっている可能性があるので必ず決められた用量や服用方法で飲みましょう。

ジスロマック・ジェネリック
ジスロマック・ジェネリック