ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品の普及率

近年政府の施策によって普及が進んでいるジェネリックですが、多くの人はまだジェネリックが何かをあまり理解していないのではないでしょうか。薬局で薬を貰う時にどちらかを選んでくださいと言われ、こっちは安いですよとだけ言われると何か怪しいと感じたり、薬の効果が悪いのではないかと思ってしまう人も居るのではないでしょうか。元々日本にはあまり馴染みのないものであるため使おうとする人も少なく、普及率はそこまで伸びていないのが現状です。

薬には特許があります。これには物質特許や製法特許など幾つか種類があり、それぞれ薬に対して適用され薬の権利を守っています。薬の開発には莫大な予算と時間が掛かり、幾つもの研究が行われた結果商品として販売されます。その研究費用と次の新薬を研究するための費用を回収できるように薬には特許が必要で、薬を販売するときにもその研究費などのコストも考えられた価格で販売されます。

ジェネリック医薬品を製造するためには

しかし時間がたち、特許が切れた薬がどこの製薬会社が作ってもいいようになると薬の成分と効果をそのままにその製薬会社の工夫などが付け加えられた後発医薬品が販売されます。この後発医薬品はすでに効果のある成分とその比率や製造方法などがわかっており、実質ほぼ製造コストのみで薬を作成可能であるため販売価格もかなり安価に設定することが出来ます。

また特許の切れた薬は人気な薬であるほどたくさんの製薬会社が後発の医薬品を出すため競争にもなり、そこには価格や品質、味や錠剤のタイプなどの個性が出ることもあり、安くてより便利な薬が販売されることとなります。これがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は価格が安く販売できるため海外ではかなり一般普及が進んでおり、国によってはほぼジェネリック医薬品によって治療が行われている国もあります。貧困国家などではジェネリック医薬品がないと医療が立ち行かないことにもなっており、手放せないものとなっているようです。

海外のジェネリックは特に注目されている

海外のジェネリックは特に注目されている

海外医薬品を取り扱っている個人輸入業者のショップでは海外医薬品のジェネリックが豊富に並んでおり、日本で普通に使っている薬のジェネリックが安価で販売されています。ネットが普及した昨今ではその入手も個人で非常に簡単に行えるようになっております。普段良く使っているという薬があるのならば、一度海外医薬品のジェネリックなどを探してみると面白いかもしれません。

ジスロマック・ジェネリック
ジスロマック・ジェネリック