性感染症とは?

性感染症とは?

重症化を避けるため早期治療を

性感染症は性行為を行うことで感染の可能性がある感染症で、症状の悪化で性器機能に障害をもたらすため早期治療が求められるものです。性感染症と一口に言っても様々なものがあり、症状もまた変わってきます。また潜伏期間が長いものが多く、自覚症状に乏しい物もあるため症状が一定以上にならなければ自分で感染しているかどうかの判断もつかないものがあります。ですので何かしらの異常を感じ取った時には出来るだけ検査を受けに行き、自分が感染していない状態を作るということが重要になってきます。

性行為での感染とありますが、必ずしも膣内挿入だけが感染経路ではありません。近年一般化しているオーラルセックスによって喉への感染も多くなり、喉へ感染した性感染症はキスなどでも感染する可能性があります。軽いキスであれば問題無いですが、ディープキスのような接触の多いキスでは感染確率も高くセックスをしていないのに感染しているということは十分にあり得ます。このように粘膜接触によってどんどん感染を広めていっているため性感染症は今や数多くの人が感染しているものとなっており、不特定多数との性的接触は危険性の高いものとなっています。

そうはいっても人との付き合いがある以上性的接触は避け難いものでもあると思いますし、事前に感染しているかの検査を毎回出来るかと言えばそれはあまり現実的ではないでしょう。感染の自覚をしていない人も多いため大丈夫と思っていて知らないうちに感染を広めている人もいますので、感染の事前回避は性行為を行うならば極めて困難になるかと思います。ですので性感染症は予防よりも早期発見と早期治療を心がけるようにしておいたほうが良いでしょう。

自身も、相手も気遣うことが必要

自身も、相手も気遣うことが必要

性感染症の検査はクリニックで行えますし、自分で行える検査キットというものもあります。クリニックでしっかり調べてもらうのも大事ですし、ふと気になった時に自分で手軽に検査出来るのも大変便利です。状況に合わせて使い分けていきましょう。性感染症は放置しひどくなってしまうと激しい痛みを伴うようになったり、中には梅毒のような死に至る病気もあります。ヘルペスは完治することなく何度も悩まされるようなことにもなります。

性器へのダメージは不妊に繋がってしまうことも多く、子供が生まれても障害や別の異常を持って生まれることもあります。ご自身のため、子供のためにも性感染症はしっかりと治療し、快適な性生活を送れるように致しましょう。

ジスロマック・ジェネリック
ジスロマック・ジェネリック