クラミジアの感染経路

セックスの際は十分注意をすること

クラミジア性感染症として有名な症状の一つで、ほぼ100%性行為によって感染しています。よって感染を防ぐには性行為での接触に気を付けなればなりません。この接触には粘膜接触が該当します。つまり肌と肌が触れ合う程度ではクラミジアは感染しませんが粘膜、つまり性器や口内の接触が感染経路となります。

膣内挿入で性器間感染、近年一般化しているフェラチオなどのオーラルセックスで口内感染していきます。当然両方を行っている場合には性器しか感染していなかったのに口に感染することにもなりますし、その逆の可能性もあります。その感染率は50%以上と言われるほどに高確率であるため、もし感染者との性行為をしたのなら検査しておいたほうが良いでしょう。

性行為以外ではほぼ感染は無い

ちなみに感染ですが、性行為以外の感染もあり得るとしていますがほぼぼほ性行為でしか感染はしません。クラミジアの菌自体は強い菌ではなく、人間の細胞を離れてしまうとすぐに死んでしまいます。ですのでタオルや飲みかけのコップ、お風呂やプールなどで感染するということは非常に考えにくいものとなっています。そのため性行為以外での感染を気をつける必要というのはありません。仮に性行為以外で感染したとしてもそれを確かめること自体不可能に近いため運が悪かったと諦めるくらいしかないと思われます。

感染を広げないためにまず、自身が気をつける

またクラミジアは感染しても自覚症状が分かりやすく出ることが少なく、症状がひどくなってから出ないと感染に気づかない人も多いです。特に女性は男性に比べてクラミジアの症状がわかりにくく、軽い症状がしか出にくいため感染したと思うことも少ないようです。実際感染を発見したとしてもそれは数週間前の性行為だったとか数カ月前のものだったなどとなるほどに症状はわかりにくく潜伏期間もあるものです。そのため知らぬ内に感染し、知らぬ内に感染を広めているという状況が起こり、その感染は広がっていくことになります。

不特定手数の相手とセックスは厳禁

予防するのに重要なのは不特定多数との性的接触を控えることです。特に風俗などでは感染の確率も高く、そこから感染を広めていくことも大いにあります。コンドームは最初から最後までつけていれば感染を防いでくれますが、途中からや最後だけという付け方をしていると感染を食い止めることは出来ません。また口からの感染はディープキスでもあり得ますので、口から口への感染は接触しないことでしか防げません。検査をした後のパートナーとのみに関係を持つことが重要になってきます。

性感染症を患うことは子供を作ることへの影響が出るだけでなく、お互いの関係性に問題をもたらすことにもなりかねません。パートナーとの良好な関係性を保つためにも、日頃から感染には十分注意しておきましょう。また感染した際にはジスロマックなど、クラミジアに効果のある治療薬を服用し確実に治していきましょう。

ジスロマック・ジェネリック
ジスロマック・ジェネリック