蔓延するクラミジア

広がりを見せている性感染症

他の性感染症に比べて自覚することが難しく、感染が蔓延してしまう原因ともなるクラミジアとは性行為によって感染し、感染率も非常に高い性感染症の1つとなっています。クラミジアに感染している日本の患者数は100万人を超え、特に10~20代の女性を中心に感染が拡大していると言われています。

性行為が原因であり、セックスあるいはアナルセックス、オーラスセックスなどで感染し、人間の性器や咽頭に感染し菌が感染部位に炎症を起こします。男性では尿道炎、女性は子宮頸管炎を起こしますが、感染に対しては無自覚であることが多く、男性の5~6割、女性の8割の人は感染に対して無自覚になっていることがあります。そのため悪化させてしまったり、パートナーが変わった際に感染させてしまい感染の拡大につながっています。

初期症状について

女性の初期症状は、性行為時に痛みを感じたり、不正出血またはおりものの量が増えるなどが見られますが、生理前などに良く似ているので本人が感染してしまったと考えるのは難しくなっています。子宮頸管に感染し、放置することで菌が体内の奥にまで広がり、骨盤で炎症を起したり、子宮内膜炎や卵管炎を起すようになります。悪化しすぎてしまうと肝臓にまで進行してしまい肝周囲炎などを起してしまいます。

男性は尿道に菌が住み着き、尿道炎を起こします。尿道に違和感を感じたり、痛みや痒み、さらさらまたは粘りのある膿が排尿時に分泌されることもあります。女性に比べ気づきやすいですが、悪化すると精巣に菌が入り込んでしまい無精子症などになってしまうこともあります。他にも前立腺炎や血精液症などを起すことも考えられます。

咽頭クラミジア

オーラルセックスによって咽頭に感染した場合には風邪に似た症状が現れ、発熱やノドに痛みを感じ、咽頭炎や扁桃炎になります。従来までは治療に多くの時間がかかり、患者の負担も大きい治療でしたが、ジスロマックなどの抗生物質の登場により1~2週間程度で治癒させることが可能となったので、感染が悪化してしまう前に早い段階で気づき、治療を行っていきましょう。

ジスロマック・ジェネリック
ジスロマック・ジェネリック