クラミジアの症状

症状が悪化しやすいクラミジア

クラミジアは性感染症の中でも感染者が非常に多く、とてもポピュラーな感染症です。主に性器を中心に感染しますが、近年のオーラルセックスの一般化によって口への感染も増え、感染経路は多岐に渡り予防は非常に難しいものとなっています。クラミジアは感染してもその症状が比較的軽いため、わかりにくいことから感染に気づかないということが大変多くなっています。

そのため知らないうちに感染しているということが多く、自覚のない人が多いという状況になっています。症状が軽いのであれば放置していても問題ないのではないかとおもうかもしれませんが、放置によって症状が悪化すれば男女ともに子供を作る機能に障害が出たり、生まれてくる子供に影響が出たりします。性器以外の箇所に感染した場合も痛みや腫れなどの症状に悩まされることになり、このような症状が出る前に治療しておくに越したことはないでしょう。

男性に現れる症状

男性の症状として出てくるのは尿道の炎症や、睾丸またはその周辺の炎症です。感染初期では症状の出ない潜伏期間があり、大体1周間から3週間ほどは潜伏したままになっています。症状が出て気がついたとしても、恐らくいつ感染したかという判別はつかないであろうと思います。軽い症状であれば不快感や違和感などが起こる程度で、基本的には目立たない症状が多く感染の自覚に乏しいのですが、やがて尿道から尿以外の液が漏れ出たり、睾丸が熱を持つようにもなったりします。

このような症状が出るようになると当然日常生活にも支障を来すようにもなり、また不妊の原因にもなります。自覚症状に乏しいため検査によって早期に発見することが重要となって来ますので、何かしらの違和感を感じた時には出来るだけ検査を受けて、問題ないかどうかを確認しておきましょう。

女性に現れる症状

女性についても基本的に同様ではありますが、症状が出にくく感染していることに気づかないのがほとんどですがおりものなどに色やニオイの変化を感じ取れる場合があります。しかしのこのように症状が出るようになる頃には炎症による違和感や痛みなども恐らく発症しているかと思われます。小さな症状で気が付きにくいものもあるかと思いますが、気になった違和感などは検査などで感染の有無をしっかりと確認しておきましょう。

子宮などの感染によって子供への影響は大きく出ることがあり、不妊や流産、子供が障害を持つ原因にもなり得ます。これは感染症の放置による子宮へのダメージの蓄積なども影響するため早期発見早期治療の重要性が非常に大きなものとなっています。ご自身の健康のためにも、将来のお子さんのためにも感染症の治療は早く確実なものを目指しましょう。

ジスロマック・ジェネリック
ジスロマック・ジェネリック